令和元年度 第11回ロータリー旗・フタバスポーツ杯争奪四市クライマックスシリーズ
      (開会式:2019.11.16朝霞市営球場、 閉会式:2019.12.8和光レク広場)

ファイヤーナインズが優勝 第8回大会に続き2度目の四市王者となる。


決勝は、パワフルな投打で勝ち上がったファイヤーナインズと五小ファイターズです。
大野のホームランで先制したファイヤーが、3回と7回に四球絡みのチャンスを拡大し、
強力打線にタイムリーが出て試合を決めました。
守っては、エース大野がテンポ良く快速球をコーナーに決め、バックの好守備もあって、
五小打線を1点に抑えて2度目の優勝に輝きました。

<大野裕二 監督のコメント>

 3年ぶり2度目の優勝、すごく嬉しい。
 最後まで、皆と試合ができたことを
 誇りに思います。
<大野叶輔 主将のコメント>

 失敗した時に、声をかけてくれた皆な、
 監督、コーチ、父母に背中を押されて、
 ここまで頑張ってこられた。
 最後の大会で優勝できて良かった。

優勝旗がファイヤーナインズへ フタバスポーツ杯がファイヤーナインズへ
優勝のファイヤーナインズ 準優勝の五小ファイターズ
3位の膝折宿ジャイアンツ 同じく3位の若松ブルーウィングス

・準決勝第1試合(12/7レク)

五小ファイターズ  0  0  0  0  4  0  0  計4 
若松ブルーウィングス 0  0  1  0  0  0  計1 

・準決勝第2試合(12/7レク)

膝折宿ジャイアンツ  0  1  0  0  0  0  0  計1 
ファイヤーナインズ 0  0  2  0  0  ×  計2 

・朝霞市営第1試合(11/30)

朝霞ストロングス  0  0  0  0  3  0  0  計3 
若松ブルーウィングス 1  0  4  1  0  3  ×  計9 

・内間木第1試合(11/30)

五小ファイターズ 2  0  0  0  0  0  1  計3 
岡ファイターズ 1  0  0  0  0  0  0  計1 

・内間木第2試合(11/30)

和光広沢ユニオンズ  0  0  0  0  0  0  0  計0 
ファイヤーナインズ 0  2  4  0  0  ×  計6 

・内間木第3試合(11/30)

膝折宿ジャイアンツ  0  0  0  3  2  0  0  計5 
白小クラブ 0  0  0  0  0  1  0  計1 

・朝霞市営第1試合(11/16)

あさかスリースターズ 1  1  1  0  0  計3 
白小クラブ 7  0  8  ×  計20 

・朝霞市営第2試合(11/16)

膝折宿ジャイアンツ 0  1  2  2  0  0  1  計6 
新座リトルクロメーズ 2  0  0  1  0  計3 

・北朝霞第1試合(11/16)

ガッツナイン  0  1  0  2  1  計4 
ファイヤーナインズ 0  3  3  2  計11 

・北朝霞第2試合(11/16)

和光広沢ユニオンズ 1  0  4  0  0  0  3  計8 
志木ニュータウンズ 3  0  0  0  3  0  1  計7 

・新座本多第1試合(11/16)

若松ブルーウィングス  6  0  0  2  0  計8 
ブルーエンゼルス 0  0  0  1  0  計1 

・新座本多第2試合(11/16)

五小ファイターズ 0  0  0  0  2  1  3  計6 
野寺スターズ 0  1  3  0  0  0  計4 

・新座本多第3試合(11/16)

栗原ビーバーズ  0  0  0  0  2  0  0  計2 
岡ファイターズ 0  1  2  0  0  0  ×  計3