第27回埼玉南部少年野球ジュニア大会 決勝戦と表彰式(2010.6.27)

決勝戦は、大井旋風を巻き起こして暴れまくった
大井ブルーウィングスVS大井ウエストという
大井チームの対決となりました。
ウエストのエース杉浦、制球力のある好投手です。
初回の立ち上がりをブルーウィングスの集中打で、
チーム全体が混乱し、予想外の大量点を失いました。
2回以降は、完全に立ち直って好投しただけに、
ほんとうに惜しまれる初回の守りでした。

 
1回表ブルーウィングスの猛攻です。
1番間曽が四球を選び、盗塁した後、
2番広実の三遊間ヒットで先取点をあげます。
さらに、3番石川がライトオーバーの長打を放ちます。
(写真)
きわどいタイミングでしたが、
石川は一気にホームに投入し、
猛烈なスライディングでホームインしました。
試合の流れを一気に引き寄せる
3点目が入りました。
 
勢いづくブルーウィングスは、四球とエラーも含め、
打つは打つわで7本のヒットを初回に集中し、
次々と積極的な走塁でホームに生還、(写真) 
計11点をあげ試合を決めたと思わせました。
大井ブルーウィングスのエース石川、
伸びのあるボールを投げる好投手です。
この11点で安全圏と思われましたが、
大井ウエストの粘り強い攻撃で苦戦しました。
1回裏のウエストの攻撃です。
1番吉田が右中間に2塁打を放った後、
すかさず、2番内藤がレフトに長打を放ちます。

(写真)
ホームランとなって、
アッという間に2点が入りました。
さらに、3本のヒットが出て追加点が入ります。
この回、追撃ののろしとも言える4点が入りました。

 
杉浦が力投して、2回、3回、4回と
ブルーウィングスの追加点を阻み、
ウエストの反撃が始まりました。
出塁すると走りまくるウエストです。(写真)
4回を終わって、11対9と試合は大混戦です。

5回表、ブルーウィングスは追加点2点をあげ、
リリーフ間曽の力投とバックの好守で、
ウエストの反撃を2点で抑え、
13対11で逃げ切りました。
優勝の喜びいっぱいに、
マウンドに集まるブルーウィングス・ナインです。

初優勝、おめでとうございます。 

  続きます