第71回埼玉南部少年野球秋季大会 開会式2014.9.28

若松ブルーウィングスが朝霞対決を制して優勝

開会式(9/28志木高校)の模様  表彰式(11/16志木四小)の模様 

<決勝ト−ナメント>  決勝戦(11/16)の速報



佐々木(若松)の立ち上がりを鋭く攻めるガッツは、ヒットに四球と相手エラーを絡めて4点を先行し、
さらに3回、2アウト満塁から2番若林のタイムリーヒットとワイルドピッチで3点をあげ、大きくリードしました。
しかし、その裏あきらめない若松は好投する茂木(ガッツ)から1点を返した後、
4回裏には、3番佐々木と4番滝沢に長打が出て反撃を開始、四球・死球・バンドヒットで無死満塁とし、
二死となりましたが、1番小泉、2番山浦、3番佐々木の連続ヒットで6点をあげて追いつきました。
試合は無死満塁のサドンデスに突入、ガッツは3番小峰のタイムリーで2点を上げましたが、後続が討ち取られ
その裏の若松は、1番小泉のヒットで1点をあげた後、2アウト満塁から3番佐々木に三遊間を破るヒットがでて、
大興奮のなか2人のランナーがホームイン、大逆転で優勝を勝ち取りました。

<松崎 功 監督のコメント>

 最後まであきらめずに、子供たちを信じて戦った。
 久しぶりの南部大会優勝、たいへん嬉しい。
 この時期、子供たちは体も技術も伸びており、
 優勝は、次ステップの成長に向けて良かった。
  
<野口 優真 主将のコメント>

 春からずーと勝てずに苦しかった。
 秋は、なんとしても南部と四市をとりたいと思っていた。
 南部は、5年生にほんとうに助けてもらった。
 四市は、6年生がより頑張って優勝したい。

 


<個人賞>

最高殊勲選手賞  佐々木 雄大(若松ブルーウィングス) 
優秀選手賞 滝沢 広輝(若松ブルーウィングス) 
打撃賞 小泉 裕貴(若松ブルーウィングス)
敢闘賞 茂木 陸(ガッツナイン)



・準決勝第1試合(11/15)

和光四小ベアーズ 0  0  0  0  2  1  計3 
ガッツナイン 1  0  0  1  X  計4 

・準決勝第1試合(11/15)

新堀ジャイアンツ 2  0  0  0  0  0  サ2  計4 
若松ブルーウィングス 0  0  0  1  0  サ3  計5 

・準々決勝第1試合(11/2)

新倉フェニックス 2  1  2  0  0  0  計5 
新堀ジャイアンツ 0  2  0  0  0  4  計6 

・準々決勝第2試合(11/2)

埼玉ジュニアーズ  0  2  0  0  0  0  計2 
若松ブルーウィングス 1  2  0  1  1  X  計5 

・準々決勝第3試合(11/2)

東野小レッズ  0  0  0  0  0  0  0  計0 
和光四小ベアーズ 0  1  0  0  0  0  X  計1 

・準々決勝第4試合(11/2)

新座リトルクロメーズ  0  0  2  0  1  0  計3 
ガッツナイン 0  0  0  2  計5 

大会5週目(10/25) ベスト8の試合結果   PDF版の試合結果(10/25)

・D志木ブロック決勝(10/25)

若松ブルーウィングス  6  1  4  計14 
志木中野 0  0  0  0  計0 

・Hふじみ野ブロック決勝(10/25)

鶴小ニュースカイヤーズ  0  0  0  2  1  計3 
ガッツナイン 3  0  0  2  X  計5 

・A和光ブロック決勝(10/19)

水谷フェニックス  0  0  0  0  0  2  1  計3 
新堀ジャイアンツ 1  0  0  2  1  0  0  計4 

・C志木ブロック決勝(10/19)

埼玉ジュニアーズ  2  0  0  1  1  0  0  サ3  計7 
朝霞ストロングス 0  0  0  0  0  3  サ0  計4 

・E新座ブロック決勝(10/18)

大井亀少クラブ  1  0  0  0  0  1  計2 
和光四小ベアーズ 0  1  4  0  0  X  計5 

・F三芳ブロック決勝(10/18)

和光リバーツインズ  0  0  0  0  計0 
東野小レッズ 12  0  3  X  計15 

・B朝霞ブロック決勝(10/13)

大井ウエスト  3  2  1  1  0  0  1  サ1  計9 
新倉フェニックス 3  1  0  2  0  2  サ2  計10 

・G富士見ブロック決勝(10/12)

みずほ台ヤンガース 0  0  0  0  0  0  0  計0 
新座リトルクロメーズ 0  1  0  2  0  1  X  計4