埼玉県知事杯・埼玉スポーツ杯争奪 第59回埼玉南部少年野球秋季大会

<決勝戦と表彰式の模様−1>

志木小ウィナーズと富士見ファイヤーズとなった
第59回埼玉南部少年野球秋季大会の決勝は、
16日が降雨で順延となり、11月24日に
三芳町・唐沢小で行われました。

先攻は志木小でプレーボールの声がかかりました。
富士見のエース翠田(みすた)、
バランス良いフォームでコントロールされた
切れのある速球を投げ込む好投手です。
志木の快速球エースの森、
小気味よいスピードボールが持ち味です。
両投手の力投で見応えある投手戦となりました。

4回表、先取点をあげたのは志木、
1番長田が四球を選び、盗塁と敵失で進塁し、
3番森がセンターにタイムリーを放ちました。

6回表、志木に追加点が入ります。
3番森が内野安打で出塁し、盗塁で2塁へ、
すかさず5番関野がセンターにタイムリーヒット、
森が好走塁でホームインしました。
6回裏、富士見の反撃が始まりました。
無死で8番芦馬、9番秋元がヒットで出塁、
ここで1番西山が起死回生のレフトオーバー3塁打、
2者が還って追いつきました。

無死満塁のサドンデス、
点の取り合いが予想されましたが、
ここでも両エースが踏ん張ります。
先攻の志木は、1死から、
2番源田が粘って四球を選び押し出しです。
この裏、富士見の攻撃を森がバックの好守も
あって抑え込み、この1点が決勝点となりました。
ヤッター、勝ったー、喜びに湧く
志木の指導者と選手たちです。
優勝の原動力となったバッテリー、
森投手と長田捕手(主将)です。

  続きます