第36回和光市長旗・ホンダ杯争奪少年野球大会 2012.4.1

4/1  開会式の模様(和光市運動場)  
4/15 表彰式の模様(和光レク広場)

4/15 高学年 和光リバーツインズが優勝   

好守好打で勝ち上がってきたチーム同士の対決は、
前田(リバー)と山崎(新倉)の力投で、5回まで手に汗握る好試合となりました。
6回表、リバーは疲れの見えた山崎を一死満塁と攻め、
小原のタイムリーヒットと連続押し出し四球で試合を決めました。

<渡辺監督のコメント>

 子供たちの頑張りと、コーチ、父母..
 チーム全体の力で優勝することが出来た。
 県南大会でも優勝目指して頑張ります。 

 
<久保田主将のコメント>

 チームは、最初まとまりが無かったが、
 優勝に向けて、全員で頑張れたことが良かった。
 県南大会では、キッチリした試合をやって、勝利を目指したい。

 

・4/15 3位決定戦

和光広沢ユニオンズ  2  0  0  2  0  3  計7 
北原ウィングス 0  0  0  0  1  計1 

*この結果、スポ少県南和光大会の出場チームが、
  和光リバーツインズ、新倉フェニックス、和光広沢ユニオンズに決まりました。


・4/8 準決勝第1試合

和光広沢ユニオンズ 0  0  0  0  0  0  1  計1 
和光リバーツインズ 0  0  0  1  計2 

・4/8 準決勝第2試合

北原ウィングス 0  0  1  0  0  0  0  計1 
新倉フェニックス 0  0  1  1  0  3  ×  計5 

・4/1 第1試合 

白小クラブ  0  0  0  0  0  計0 
新倉フェニックス 0  0  0  7  計7 

・4/1 第2試合

五小ファイターズ  0  0  0  0  0  計7 
和光リバーツインズ 0  0  3  4  ×  計7 

・4/1 第3試合

和光広沢ユニオンズ  0  0  0  3  0  0  4  計7 
和光四小ベアーズ 0  0  0  計0 


4/15 低学年 和光四小ベアーズが優勝   

林(ベアーズ)、宮崎(リバー)の力投で静かに立ち上がった決勝戦ですが、
2回表にベアーズが猛攻、四球に足とバントを絡めて小刻みに得点したあと、
満塁の走者を5番 諸原が3塁打を放って一掃し、一気に試合を決めました。

<天海監督のコメント>

 子供たちが伸び伸びと野球をして、練習の成果を出した。
 子供たちを思いっきり褒めてあげたい。
 コーチ、スタッフ、父母、皆さんのお陰で優勝することが出来た。
 南部Jr大会も優勝を目指して頑張りたい。

<金子主将のコメント>

 全員野球が出来て勝つことが出来た。
 南部Jr大会でも優勝したい。

  

・4/15 3位決定戦

白小クラブ 2  6  1  0  1  計10 
五小ファイターズ 2  0  0  計4 

・4/8 準決勝第1試合

五小ファイターズ  1  0  0  2  0  計3 
和光四小ベアーズ 0  2  0  ×  計5 

・4/8 準決勝第2試合

白小クラブ  1  0  計3 
和光リバーツインズ 1  8  計13 

・4/1 第1試合

和光四小ベアーズ  0  1  0  2  1  0  計4 
和光広沢ユニオンズ 0  0  0  0  計0 

・4/1 第2試合

新倉フェニックス 3  0  1  0  3  2  計9 
和光リバーツインズ 2  0  1  1  2  計10 

・4/1 第3試合

白小クラブ  3  4  8  5  計20 
北原ウィングス 1  1  計9