第68回読売旗争奪 朝霞地区四市少年野球春季大会 組み合わせ

6/17 決勝戦と表彰式の模様 

6/17 決勝戦   北原ウィングスが初優勝  

決勝戦は、勝つたびに力を付けてきた北原ウィングス(和光)と
パワフルな投打を誇る膝折宿ジャイアンツ(朝霞)の対決となりました。
中村(北原)と青木(膝折宿)両エースが先発しましたが、北原バッターの粘りで得点が入りました。
2回裏、北原は1アウトから8番福井が内野安打で出塁し、9番奥山が四球を選んだチャンスに、
ワイルドピッチで2・3塁に進塁し、1番池田の内野ゴロでラッキーな先取点をあげた後、
2番〜3番が粘って四球を選び満塁と攻め、4番〜5番も粘りの四球による押し出しで2点を加点、
さらに満塁で5番早坂に2点タイムリーが出て、5点をあげて完全に主導権を握りました。
中村はバックの好守もあり、ボールを低めに集めて、強打の膝折宿を2点に抑える好投を見せ、
北原ウィングスに嬉しい初優勝をもたらしました。
なお、北原ウィングスは四市の代表として、9月のウィナーズカップへの出場が決まりました。

<細野監督のコメント>

 春先は、埼玉南部大会と和光市大会で1回戦負けをした。
 それからの期間、子供たちは厳しい練習に耐え、
 ここまで立ち直ってくれた。
 頑張ってくれた子供たちに感謝したい。
 
  
<早坂主将のコメント>

 これまで監督が厳しい練習など、
 いろいろ指導してくれ、なんとか勝つことが出来た。
 そして、皆のチームワークがあったから、ここまでこれた。
 これからも、優勝を目指して頑張りたい。 

 

6/3 準決勝の結果  

・CDブロック準決勝(6/3)

膝折宿ジャイアンツ  0  0  2  0  0  0  計2 
朝志ヶ丘ジャガース 0  0  0  0  1  0  計1 

・ABブロック準決勝(5/27)

新堀ジャイアンツ  0  0  0  0  0  1  2  計3 
北原ウィングス 1  0  0  0  1  ×  計4 

・Cブロック決勝(5/27)

ファイヤーナインズ  2  0  0  0  0  1  0  計3 
朝志ヶ丘ジャガース 1  0  1  0  0  1  2  計5 

・Dブロック決勝(5/27)

志木二小メイツ 0  0  2  0  0  3  計5 
膝折宿ジャイアンツ 0  1  0  計8 

・Aブロック決勝(5/20)

朝霞ストロングス  2  0  1  0  0  0  0  サ4  サ1  計8 
新堀ジャイアンツ 0  1  0  1  サ4  サ3  計10 

・Bブロック決勝(5/12)

新座リトルクロメーズ 1  2  0  1  0  計4 
北原ウィングス 1  2  1  0  計6