第50回埼玉南部少年野球連盟[春季大会] 2004.3.20 三芳中

少年野球の始まりを告げるように、
早春の最大イベントである埼玉南部大会開会式が、
小雨がパラつく三芳中で、60チームが参加し、
盛大に行われました。
寒さに負けない元気な行進のスタートです。
連盟旗や後援の朝日新聞社旗が続いて入場します。
だんだん雨が強くなり、
この後の試合は中止になりましたが、
素晴らしい開会式が出来たことは良かったと思いました。
各市町のプラカードを持つた女子選手の入場です。
以下に選手を紹介します。
和光市: わたなべ ちえり選手(北原ウィングス)
朝霞市: 小泉まり選手(朝霞ブルーサンダー)
新座市: 高橋あかね選手(栄レインボーズ)
志木市: おおた くみ選手(みずほ台ヤンガース)
富士見市: 大沼あかり選手(水谷フェニックス)
大井町: 布施あつみ選手(富士見ゴールデンイーグルス)
三芳町: いとう あかり選手(上富シャークス)

前回優勝の和光五小ファイターズ、
準優勝の大井少年ファイターズから、
各チームが入場してきます。
和光五小ファイターズからの、
優勝旗と優勝カップの返還です。
大井少年ファイターズから
準優勝カップが返還されます。
同じく3位の
和光北原ウィングスとか大井ウエストら
3位カップが返還されました。
深津南部会長からの挨拶です。
この大会もとうとう50回を迎えました。
記念すべき大会に優勝して、
埼玉南部の歴史に名を残すことを目指し、
各チームとも頑張ってください。
選手宣誓は、三芳ホープの主将、
小山(おやま)良太郎くんです。
とびっきり元気あふれる素晴らしい宣誓でした。
音で大会を盛り上げてくれた「武蔵太鼓」の皆さんです。
三芳町で30年の歴史をもつグループですが、
このように可愛らしい中学生、高校生が頑張っています。
期待の演奏イベントは、途中から雨が強くなり、
残念なことに中止になりました。