第22回埼玉南部少年野球ジュニア大会開会式 2005.5.15富士見総合グランド

ジュニア(4年生以下)の最大の大会である
第22回埼玉南部ジュニア大会が、
曇天の富士見総合グランドで、
和光、朝霞、志木、新座、富士見、三芳、大井の
5市2町から
42チーム700名が参加し、
盛大に行われました。

連盟旗は主幹の富士見市の選手が持って
堂々たる入場です。
続いて、5市2町のプラカードが入場します。
選手の入場です。
先頭は、昨年度優勝の若松ブルーウィングス、
準優勝の膝折宿ジャイアンツです。
若松ブルーウィングスからの
優勝旗の返還です。
準優勝カップの返還は、
膝折宿ジャイアンツです。
3位カップの返還は、
石神ビクトリーズです。
同じく、3位カップの返還は、
新堀ジャイアンツです。
選手宣誓は、
勝瀬キッズの松尾樹(いつき)主将です。
元気あふれる素晴らしい宣誓でした。
恒例の始球式は、
浦野富士見市長です。
さあ、プレーボールです。