第31回埼玉西部地区少年野球夏季大会 開会式2005.5.29

5月29日、快晴の川越・初雁球場で、
埼玉西部地区少年野球大会の開会式が
173チーム参加で盛大に行われました。

入場の先頭は大会プラカードを持つのは、
今回参加チームの女子選手たちです。
続いて、
今回参加チームの女子選手による
日章旗の入場です。
たいへん、この大会を盛り上げてくれました。
入場チームの先頭は、
前回優勝の富士見ファイヤーズです。
続々と173チームの入場が行われました。
素晴らしい演奏で開会式を盛り上げたのは、
川越・奏和奏友会吹奏楽団の皆さんです。
約80名で活動 している川越市在住の楽団です。
指揮をとっているのは、
二階堂恵さんです。
爽やかさが楽団にピッタリでした。
富士見ファイヤーズから
優勝旗の返還がおこなわれました。

準優勝カップの返還は、
大井亀小クラブです。
3位カップの返還は、
霞ヶ関イーグルスです。
同じく3位カップが、
霞ファイヤーズから返還されました。
高篠会長の挨拶です。
「このような好天に恵まれたことを感謝します。

南は和光から、北は嵐山まで、173チームの
参加でたいへん盛大な大会になりました。
今日から6週間、事故に気をつけて、
悔いを残さない良いプレーをして下さい。」
選手宣誓は、
富士見ファイヤーズの有山しょうへい主将です。
スポーツマンらしい元気一杯の良い宣誓でした。

さあ、今日から熱戦の開始です。