第55回埼玉南部少年野球連盟秋季大会 開会式(2006.10.22)

第55回埼玉南部少年野球秋季大会の開会式が、
好天に恵まれたふじみ野市 鶴ヶ丘小において、
6市1町(志木、朝霞、新座、ふじみ野、和光、富士見、三芳)
55チーム参加で盛大に行われました。
連盟旗を先頭に入場が始まりました。
続いて、春季大会優勝の朝霞ストロングスから
選手入場が始まりました。
6市1町のプラカードを持っていただいた女子選手は、
志木市(志木中野: 太田美花さん)
朝霞市(朝霞フレンズ: 鈴木亜也佳さん)
新座市(野寺スターズ: 江沢アンナさん)
ふじみ野市(大井ウエスト: 三吉悠月さん)
和光市(和光四小ベアーズ: 佐々木成海さん)
富士見市(勝瀬キッズ: 伊藤史織さん)
三芳町(上富シャークス: 四野宮有里子さん)
前回優勝の朝霞ストロングスから
優勝旗の返還です。
前回準優勝の三芳ドリームスから
準優勝カップの返還です。
同じく3位の水谷フェニックス、膝折宿ジャイアンツから
3位カップの返還です。
船津南部会長の挨拶です。
「私より背の大きな選手を何人も見かけました。
 力と力のぶつかり合う好ゲームが楽しみです。」
「スポーツは一生続けてください。
 少年野球はその基礎作りとなります。」
多くの採点員の評価から行進賞を受賞したのは、
和光五小ファイターズと富士見スピリッツです。
キビキビした美しい行進ぶりは見事でした。
選手宣誓は、
大井少年ファイターズ主将:神木史哉くんです。
元気一杯のスポーツマンらしい宣誓でした。
開会式のイベントとして、
グランド奥から鳩が一斉に飛び立ちました。
選手は大喜びです。
恒例の始球式です。
投手は、ふじみ野市教育委員会 吉野英明さん、
打者は、ふじみの市体育協会  佐藤堅治さん、
捕手は、鶴ヶ岡少年野球クラブ主将 新井翔太くんです。
素晴らしいスピードボールが投じられました。