その3


大崎選手のバッティングです。
豪快なスイングでスタンドまで飛ばします。
見学の少年選手から歓声があがりました。
銀仁朗選手も鋭い打球を打ちました。
プロ選手の凄さを見せつけました。
球界屈指の強肩、
銀仁朗選手のスローイングです。
二塁ベースに矢のようなボールが届きます。

質問のコーナーです。
いろいろな質問がでました。
気さくな二人の回答に、
少年選手は大喜びです。
お楽しみのジャンケン大会です。
最後まで勝ち残った少年選手に
サイン入りの帽子や手袋が贈られます。
最初は大崎選手との対戦です。
続いて、銀仁朗選手との対決です。
負けと同点は座らなければなりません。
全員で一喜一憂し、大騒ぎです。
和光市少年野球連盟7チームの主将が
全員を代表して色紙を贈呈されました。
左から、
北原ウィングス、五小ファイターズ、
和光四小ベアーズ、和光広沢ユニオンズ、
白小クラブ、新倉フェニックス、
和光リバーツインズです。

105名を代表して、白小クラブの斉藤主将から
両選手にお礼の言葉が述べられました。
来年も和光市民応援ディに大勢の少年選手が、
ライオンズの応援に駆けつけます。
本当にありがとうございました。
 
最後に両選手からのメッセージです。
銀仁朗選手:
 毎日の練習には課題をもってやること。
 皆さんがプロ入りする頃、
 我々は26〜27、現役バリバリでやっている。
 プロの世界で待つている。
大崎選手:
 夢を大きく、志を高く、頑張ってください。
 体が小さくても出来ます。