第31回和光市長旗争奪少年野球大会 決勝・表彰式(1) 2007.4.22

低学年決勝戦、新倉フェニックスの先発は小池。
快速球をビシビシ投げ込むスーパー3年生です。
最後までスピードは衰えず、四小打線を完全に
抑え込みました。
対する四小ベアーズの先発は、
投げるたびに成長している大岩根。
強打の新倉に立ち向かいましたが、
3回裏の失点が響き、惜しくも涙を飲みました。


新倉フェニックスの大活躍の優勝バッテリー
(小池龍大−五十苅海飛)です。
高学年決勝、
和光五小ファイターズの先発はエース岩下。
持ち前の剛球で広沢打線を抑え、
5小優勝の原動力となりました。
対する和光広沢ユニオンズの先発 野中、
緩急を上手く使って五小打線に立ち向かいます。
先制したのは五小ファイターズ。
ランナーを3塁に置き、4番飯島が
レフトオーバーの大ホームランです。
(白い打球がショートの頭上に見えます)
五小の優勝バッテリーです。
(岩下樹−佐藤竜矢)
先制点をガッシリと守りきりました。

  続きます