第38回和光市少年野球秋季大会 開会式2007.9.16

9月16日、空の雲が秋を感じさせる和光市運動場で、
和光市少年野球秋季大会の開会式が、
高学年9チーム、低学年7チーム、
計16チーム参加のもと、盛大に行われました。
プラカードを持って可愛い先導役をつとめたのは、
地元のチェアリーディングチームの
チェリーズの皆さんです。
前回、高学年優勝の新倉フェニックスから
入場が始まりました。
行進賞を受賞した広沢ユニオンズ(高学年)の
整然とした行進です。
低学年も、前回優勝のリバーツインズから
行進が始まりました。
同じく、行進賞を受賞した
北原ウィングスの低学年チームです。
新倉フェニックス(高学年)から
優勝旗が返還されます。
同じく、リバーツインズ(低学年)から
優勝旗が返還されました。
選手宣誓は、
和光四小ベアーズの吉田大晟(たいせい)主将です。
「見る人を感動させる試合をしたい」という
素晴らしい宣誓でした。
行進賞を受賞した
広沢ユニオンズ(高学年)と
北原ユニオンズ(低学年)です。
春の大会に続き、共に連続受賞でした。
恒例となった始球式です。
投手:神杉一彦(埼玉県議会議員)
捕手:野木実(和光市長)
打者:菅原満(和光市議会議長)
プレーボールの声がかかり、
白球が投じられました。