第8回さわやかジュニア杯少年野球大会 決勝戦と表彰式(2008.12.7)

12月7日快晴の朝霞6小で、
第8回さわやかジュニア杯の決勝戦は、
ガッツナイン(朝霞)と東野小レッズ(新座)
の間で争われました。
ガッツナイン先発の世良。
埼玉南部Jr大会の優勝投手です。
この日も、スピードある速球を低めに集め、
強打の東野小打線を封じ込めました。
世良の立ち上がりを攻めた東野小。
1番福本のヒットからチャンスを掴み、
4番伊藤の内野ゴロで先取点をとったあと、
5番西川の内野安打で2点をあげました。
東野小先発の宍戸、
ダイナミックなフォームから
力強いボールを投げましたが、
ガッツナインの左打線の粘りに制球を乱し、
惜しくも四球で崩れました。
1回裏、四球で出塁した1番船木が、
ワイルドピッチで生還した後、
3番世良、4番本橋が四球で出塁し、
5番青山が同点タイムリーを放ちます。
3回裏、東野小守備の乱れもあって、
ガッツ打線に火がつきました。
2死満塁のチャンスに、
3番世良が走者一掃の3塁打を放ち、
試合を決めました。
勝ったー、
喜び一杯に選手が集まります。
優勝チームの恒例ともなった
帽子投げです。
嬉しそうな選手達です。

ガッツナインに優勝の
賞状が贈られました。
同じくガッツナインに
優勝カップが贈られました。

  続きます