第32回和光市長旗争奪少年野球大会 開会式2008.4.13

2008年4月13日(日)、
肌寒い曇天の和光市運動場において、
和光市長旗争奪少年野球春季大会の開会式が、
高学年7チーム、低学年7チームの参加で
盛大に行われました。
父兄、指導者を始めとする関係者の拍手のなか、
前年度高学年優勝の
五小ファイターズから入場が始まりました。

プラカードを持っていただいたのは、
チアリーディングチーム「チェリーズ」の皆さんです。
入場が続きます。
関係者の投票による行進賞の獲得を目指し、
各チームとも整然と見事な行進です。
低学年の行進が始まりました。
前年度優勝の新倉フェニックスからの入場です。
拍手の続くなか、見事な行進が続きます。
まず、高学年です。
五小ファイターズからの優勝旗の返還です。

(準優勝杯の返還は、和光広沢ユニオンズでした)
続いて、低学年の
新倉フェニックスから優勝旗の返還がありました。

(準優勝杯の返還は、和光四小ベアーズでした)
和光市少年野球連盟の野村新理事長からの
挨拶です。

各チームの団旗に囲まれて、
元気一杯の選手宣誓は、
和光リバーツインズの斉藤てつや主将です。
長年にわたって和光市少年野球連盟理事長として
ご尽力いただいた
新井基雄(和光市スポーツ少年団本部長)に、
感謝状が贈られました。
開会式の入場行進優秀賞の表彰です。
多くの関係者の投票の結果、
高学年・低学年とも、見事な行進を見せた
北原ウィングスが受賞しました。

恒例の始球式です。
投手:和光市教育委員会 今城教育長、
打者:神杉県議会議員、
捕手:和光市市議会 菅原議長、
球審:風間副審判部長です。
さあ、これから熱い戦いが始まります。