第32回和光市長旗争奪少年野球大会 組み合わせ 開会式2008.4.13


4/13 開会式の模様  4/20 表彰式の模様 

スポーツ少年団県南大会への出場チームは、五小ファイターズと和光四小ベアーズ、
学童県大会への出場が和光リバーツインズに決定いたしました。

高学年の優勝は五小ファイターズ

市川(五小)、柴崎(四小)が先発し静かに立ち上がった決勝戦は、
3回裏、五小は集中打と四小のエラーから一気に7点をあげ、
市川−飯島−市川の継投で、四小の強力打線の反撃を抑え、
優勝を勝ち取りました。

<五小 大沼監督のコメント >
 
 小さな体の選手ばかりだが、
 気持ちを大きく持ってやってきた。
 厳しい練習に耐えて、よく頑張ってくれた。
<五小 市川主将のコメント>
 
 全員野球が出来て嬉しかった。
 次は、全国を目指して頑張る。

・3位決定戦

和光広沢ユニオンズ 計1
和光リバーツインズ 計4

・4/19 準決勝 第1試合

和光リバーツインズ 計6
和光四小ベアーズ 4× 計9

・4/19 準決勝 第2試合

広沢ユニオンズ 計3
五小ファイターズ 0× 計7

・4/13 1回戦 第1試合

白小クラブ 計2
五小ファイターズ × 計7

・4/13 1回戦 第2試合

北原ウィングス 計5
和光四小ベアーズ 4× 計15

・4/13 1回戦 第3試合

和光広沢ユニオンズ 計7
新倉フェニックス 計0



4/20 決勝と3位決定戦(低学年) 

低学年は新倉フェニックスが優勝

小池(新倉)、吉田(四小)両エースが先発した決勝戦。
小池の快速球が四小打線を完全に抑え込み、
毎回得点による攻撃もあって完勝しました。

<新倉 小池監督のコメント>

 子供たちは、本当に良くやってくれた。
 課題もいろいろ目についたので、
 一から鍛え直して、
 次の大会に向かいたい。
<新倉 大野主将のコメント>

 優勝できて良かった。
 次の大会でも優勝する。

3位決定戦

和光リバーツインズ 計13
白小クラブ 計9

・4/19 準決勝 第1試合

和光リバーツインズ 計10
和光四小ベアーズ 1× 計11

・4/19 準決勝 第2試合

白小クラブ 計0
新倉フェニックス 4× 計8

・4/13 1回戦 第1試合

和光広沢ユニオンズ 計6
和光四小ベアーズ 2× 計8

・4/13 1回戦 第2試合

新倉フェニックス 計15
北原ウィングス 計0

・4/13 1回戦 第3試合

五小ファイターズ サ2 計13
白小クラブ サ3× 計14