第60回朝霞地区四市親善少年野球春季大会組み合わせ 開会式2008.5.11

和光リバーツインズが優勝(7/13:朝霞4小)

(10月にある読売ウィナーズカップへの出場権を獲得しました)

決勝戦と表彰式の模様 

 太田(片山)、内山(リバー)両エースの力投で静に立ち上がった決勝戦は、
3回表、2アウトから2番:中本のヒットと3番:河内が四球を選んで作ったチャンスに、
4番:富岡が左中間に2塁打を放って先制、5番:内山のセンター前タイムリーで3点目、

さらに、7番:高橋、8番:結城のタイムリーも出て、5点というビッッグイニングになりました。
 追いかける片山は、3回裏に大友の好走塁で1点を返し、4回裏には疲れが見える内山から、
四球とリバー内野陣の乱れもあって猛追が続き、代わった富岡から2番:太田が三遊間を抜き、
ついに6対5と大逆転しました。
 粘りに粘るリバーは、5回表に1アウトから8番:結城が四球を選び、バントで送ったあと、
1番:持田が四球、ここで痛恨のバッテリーエラーが出た2アウト2塁3塁から、2番:中本が
三遊間を抜く、値千金の逆転タイムリーを放って再逆転です。最終回となった5回裏は、
リリーフの富岡が気迫の投球で片山の反撃を抑え、四市の頂点に立ちました。

<河内昌彦監督のコメント>
 
今年から監督となったが、大きな大会での優勝は、
自分が小学生の時以来のことで、嬉しいの一言です。
勝因は子供たちの粘り、ミスが出ても皆で助け合い、
最後まであきらめなかったことだと思う。
<斉藤徹也主将のコメント>

チームが一丸となって、
最後まであきらめずに、戦ったことが良かった。
次の大会も優勝を目指して頑張りたい。

7/12 A/B準決勝の結果

・A/B準決勝(7/12)

和光リバーツインズ 計6
志木小ウィナーズ 計1

・C/D準決勝(7/6)

あさかスリースターズ 計3
片山ウィングス × 計6

・Bブロック決勝(7/5)

栄レインボーズ 計5
志木小ウィナーズ × 計10

・Dブロック決勝(7/5)

新座ツインズ 計1
片山ウィングス 計2

・Aブロック決勝(6/22)

和光リバーツインズ 雨天コールド 計9
和光四小ベアーズ   計3

・Cブロック決勝(6/15)

あさかスリースターズ 計17
志木中野 計2