第61回読売旗争奪朝霞地区四市少年野球秋季大会 開会式2008.9.14

9/14 開会式の模様  11/30 表彰式の模様 

11/30 決勝戦  若松ブルーウィングスがアベック優勝 

好天に恵まれた朝霞6小で、冨松(若松)と蜂須賀(朝霞)の先発で決勝戦が始まりました。
蜂須賀の立ち上がりを巧みに攻めた若松は、初回1アウト2−3塁から3番和田の外野フライが、
野手の目に太陽が入る幸運もあって、先制2塁打となり先手を取りました。
さらに3回裏には、9番八尋がレフト前ヒットで出塁し、1番富吉の豪快な2ランで試合の流れを引き寄せました。
その後も、北村のタイムリー、和田の押しだし四球、冨松の2本目のホームランで加点し、
反撃する朝霞打線を冨松−北村のリレーで1点に抑え、24日のJr大会に続き、レギュラー大会も勝ち、

3年ぶりに再びアベック優勝を飾りました。

<若松:猿谷監督のコメント>

子供達に任せっきりだった。
ウチの野球を子供達は理解している。
サインミスなどなく、ほぼ完璧だった。
3年ぶりのアベック優勝も出来て、
監督冥利に尽きます。
<若松:野内主将のコメント>

昨年(5年生の時)のJr大会優勝に続いて、
今年も、(6年生になって)レギュラー大会で優勝、
連続優勝が出来たことが嬉しい。
5年生の力も借り、皆で優勝を勝ち取れて最高です。

・準決勝(C−D)(11/15)

岡ファイターズ 計3
若松ブルーウィングス 計10

・準決勝(A−B)(10/26)

志木小ウィナーズ 計2
朝霞フレンズ × 計3

・Dブロック決勝(10/26)

栄レインボーズ 計1
岡ファイターズ × 計4

・Bブロック決勝(10/12)

新座ツインズ サ3 サ2 計10
志木小ウィナーズ サ3 サ3 計11

・Cブロック決勝(10/13)

若松ブルーウィングス 計8
片山ウィングス 計0

・Aブロック決勝(9/28)

朝霞フレンズ 計8
和光リバーツインズ 計7